見学編

建物の周辺状況を調べる

車・電車の交通量

道路に面している場合や線路に近い場合、日中・夜間の交通量や終電時刻を確認。市場やトラックターミナルが近くにあれば、早朝深夜の大型自動車の出入りも多くなるぞ。
管理会社が物件からはなれた場所にある場合、案内してくれるスタッフはあまり周辺状況に詳しくないと思っていい。管理人さんや商店街が近くにあればお店の人に聞いてみることをおすすめするぞ。

車・電車の交通量

駅までの道順・キョリ

暗がりや風紀の悪い地域を通らないか、通学に自分で歩いて確認すること。公園が近くにあれば、日中は緑豊かで落ち着いた環境となるが、夜は明るくはないはず。気に入った物件があれば、日中・夜間の2回は歩いてみたい。
不動産屋さんの広告表示は、80m/分だが、駅までの道順によっては遠回りしなければならなくなるため距離や徒歩時間が変わってくる。

駅の自転車駐輪場の有無・空き状況・料金

住みたい物件が駅まで5分以上歩く場合、日々の通学には自転車を利用することが多くなる。駐輪場があまり整備されていない駅は、駐輪台数も少なく、キャンセル待ちとなる場合もあるため部屋を申し込む前に確認しておこう。(以前、JR中央線の「阿佐ヶ谷」駅の駐輪場を申し込もうとしたら、満車で300人待ちといわれたことも。今はどうなっているだろう…)料金や申込手続きも確認しておこう。

電車・バス時刻、定期代

通学時間帯の発車時刻・頻度・定期代を確認しておく。
学校や駅まで徒歩や自転車でいくことができる場合でも、雨の日や体調のよくないときは電車やバスを利用しなきゃいけないこともある。

近隣建物

近隣新築建物

部屋を覗かれそうな位置に建物や窓がないか。洗濯物を干しにくい環境にないか。建築予定の建物が近くにないか。 付近に建築予定の建物があれば、工事着工から完成まで平日と土曜・祝祭日は朝8:00〜18:00ごろまでは建築現場から発生する音や工事車両の出入りが多くなる。首都圏では、古い建物を解体したり、空いた土地を有効的に活用するためビルやマンション建築が頻繁に行われる。借りる部屋のベランダの向きに空き地や駐車場があれば建物が建つ可能性もあり竣工後の日当たりにも影響してくる。

住まいの廻りにあってほしい施設


コンビニ・スーパーマーケット・商店街

一人暮らし生活にはなくてはならないポイント。駅までの間に24時間営業のお店があるなら電灯代わりにもなる。商店街は10時には閉店となるところが大半。

コンビニエンスストア

100円ショップ

身の回りの生活用品だけでなく、野菜や食材も一人分に小分けして100円で販売している。スーパーや商店で購入する野菜や肉は一人で食べるには多すぎるため、余ってしまい、冷蔵庫の中で腐らせてしまうこともある。100円ショップではジュースやお菓子などもコンビニより価格が安く、24時間営業しているところも増えてきている。

本屋・レンタルビデオ

CDやDVDのレンタルが可能。本屋が併設されるところが多い。

総菜屋・弁当屋

「ほっかほか弁当」や「オリジン弁当」などは一人暮らしの強い味方。 栄養バランスを考えてお弁当・惣菜を購入できる。惣菜の量り売りもうれしい。

ほっかほか弁当

郵便局・金融機関(ATM)

仕送りの受け取りや家賃等の振込みに便利。

病院・診療所

ケガや病気になったとき病院が近くにあれば安心できる。 夜間・休日開いている病院の場所も確認しておきたい。

公共機関(役所・警察署・派出所)

転入手続きや証明書の取得。物件により、警察が重点的に見回りにきてくれているところもある。